自然科学 Natural scienceは博物学 Natural historyにその源流を発する。博物学とは、自然に存在するものについて研究する学問をいい、広義には自然科学のすべてであり、狭義には動物・植物・鉱物・岩石など、自然物についての収集および分類の学問である。東洋では本草学として博物学が研究され、江戸時代には魚介図譜・禽獣図譜などが作られており、これらの多くは美術的にも評価が高い。

 私たちは自然科学専門部を設立するにあたり、源流である博物学に思いをはせ、「自然から学ぶ」姿勢を明確にする。文化は自然に手を加えて形成されたものであり、自然科学的手法により私たちが調査・研究を行うことやその集大成としての研究発表は、まさしく芸術文化活動に他ならない。全国高文連自然科学専門部は、全国高等学校文化連盟が目指す芸術文化活動の一翼を担う専門部として、生徒の芸術文化活動を推進するために設立される。本専門部は、生徒が自然科学を研究し互いに切磋琢磨する「研鑽」の場、全国の生徒が集い仲間として「交流」する場を創りあげることをここに宣言する。

なお、全国高文連の一団体としての適格性についての指摘がある。このことについては、すでに24道県に専門部があり、しかもこれまで全国高総文祭にて協賛開催ではあるが平成8年度の札幌大会以降、山形、静岡、福岡、神奈川、青森、島根において開催した実績があることから、議論するには及ばないものと考える。さらに、教育的な見地、国家政策上の課題については、理科離れや科学技術立国、環境問題への対応が求められていることから、全国高文連としても積極的かつ前向きに動くべきであると考える。

 従って私たちは、教師・生徒はもとより、あらゆる分野の方々から、全国高文連自然科学専門部が必要であり、その設置を熱望されていることに鑑み、一刻も早く19番目の全国高文連専門部として設置され、諸活動を展開すべきものと考える。全国に数多く存する理科部・科学部等の自然科学系部活動を繋ぎ、理科・自然科学専門部の横の連携を図りながら、実態調査を通じてその優れた実践や課題までも共有する。全国高総文祭で生徒たちが結集する場を提供し、高い目標に向かって努力する体制をつくる。一方、生徒も教師も研修会等で研鑽を重ね、更には国際交流を通じて生徒たちの国際的視野を広げていく。斯くのごとき活動を展開することにより、自然科学系部活動を発展させ、ひいては都道府県高文連・全国高文連の活動の活性化に資するものである。

設立の理念

              トップページへ