全国自然科学専門部のホームページにようこそ


                   公益社団法人全国高等学校文化連盟正会員
                   高等学校文化連盟全国自然科学専門部会長
                 
                                    今 井  靖
                           (島根県立浜田高等学校校長)

 公益社団法人全国高等学校文化連盟(略称:全国高文連)の「全国自然科学専門部」ホームページにアクセスしていただきありがとうございます。

 一昨年度から会長を務めさせていただき、本年度3年目となりました島根県立浜田高等学校校長今井靖です。本年度より勤務校がかわりましたが、引き続き全国自然科学専門部の発展、充実のため力を尽くして参りますので、よろしくお願いいたします。

 さて、「全国自然科学専門部」は、全国高等学校文化連盟の19の専門部の中で最も新しい専門部として、平成21年5月26日に全国の高等学校の理科や自然科学関係者の念願がかなって誕生しました。平成24年4月1日からは、全国高等学校文化連盟の公益社団法人移行に伴い、「全国自然科学専門部」と名称変更をしております。専門部の設立にあたっては、多くの先生方が尽力されました。専門部の主要行事である全国高総文祭を、平成8年度の札幌大会以降、山形、静岡、福岡、神奈川、青森、島根において協賛開催してきましたが、このことは専門部を設立する大きな働きかけとなりました。そして、平成21年度の第33回全国高総文祭から、正式に専門部として全国大会を開催することができるようになりました。自然科学を研究する生徒たちの成果を発表する場をつくることは、科学技術を国の柱としている日本の発展に、大きく貢献することができると考えています。専門部の設立から9年目を迎えましたが、24道県からはじまった加盟都道府県も着実に数を増やし、現在は36都道府県が加盟するようになりました。さらに今年度は、2県の加盟が決まっております。今後、残っています県でも自然科学専門部が設立され、全国自然科学専門部に加盟していただき、高校生の研究発表の場としての全国高総文祭へ積極的に参加していただくことを期待しています。 

 全国高等学校総合文化祭自然科学部門は、全国自然科学専門部が開催する最大の事業です。自然科学系の部活動で、日々の観察や継続的な実験を行っている高校生が、積み重ねてきた研究の成果を各県の代表として発表する場として、全国高総文祭の自然科学部門を開催しております。自然科学部門では、審査を行う研究発表、ポスター(パネル)発表と、研修を行う記念講演、生徒交流会、巡検研修を企画しています。

 平成29年度は、研究発表、ポスター(パネル)発表、記念講演、生徒交流会を、宮城県石巻市にある石巻専修大学で開催します。巡検研修は、石巻専修大学のご協力のもと、東日本大震災に関連したコースを開設していただいております。そのほか、東北大学のご協力によって、東北大学のいろいろな学部での研究室見学を行います。また、石巻や松島、仙台市内でのフィールドワークも行います。この大会が、様々な取組をしている自然科学系の部活動の高校生にとって、科学的な研究の方法を学び、日本を支える科学者になるきっかけをつくる良い機会になることを願っています。そして、自然科学に親しむ高校生が、互いに切磋琢磨する研鑽の場、全国の仲間と交流する場となることを願っています。全国の高校生の皆さん、自然科学の研究を通して互いに研鑽し、交流を深め合いましょう。

 このほか全国自然科学専門部としましては、今年も引き続いて関係機関との連携を行います。特に、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)の次世代人材の育成事業について、協力して行っていきたいと思っています。
 主なものでは、
 @科学の甲子園
各都道府県の高校などの代表チームが、理科・数学・情報における複数分野の競技を通じて科学の知識やその活用力を競い合う場
 A中高生の科学研究実践活動推進プログラム
学校・教育委員会と大学等が連携・協働し、中高校生自ら課題を発見し、科学的な手法にしたがって進める、科学研究実践活動の継続的・自立的な取り組みを推進
 を考えております。

 全国高等学校総合文化祭自然科学部門の開催、科学技術振興機構(JST)との連携は、研鑽と交流によって自然科学に親しむ高校生の資質・能力向上に寄与するだけでなく、「科学・技術創造立国」をめざす我が国が、持続可能な社会を築いていくための貴重な礎にもなるものと考えています。
 引き続き皆様の全国自然科学専門部に対するご理解とご支援をお願い申し上げ、会長の挨拶とします。

                                                  (平成29年5月更新)

部会長あいさつ

              トップページへ